新しい埋葬のかたち、自然葬の魅力

いま人気の自然葬とは?

いま人気の自然葬とは?の写真

日本での古典的な葬儀というと、通夜や葬儀を行い、その後は火葬し、遺骨を墓地や霊園、納骨堂などに納めるという形が一般的でした。
こうしたスタイルは今でも多くの人に選ばれていますが、最近はより葬儀や埋葬を自由なスタイルで、本当に希望する方法で行いたいと考える人も増え、様々な個性ある葬儀や埋葬が行われています。
葬儀や埋葬への考え方も時代とともに変化し、最近では墓地や墓石を購入しないという人も増えてきました。
そして、亡くなったあとは自然に還ることを希望して自然葬を選ぶ人も増えてきており、今では珍しいものではなくなりました。
自然葬という名前は聞いたことがあるものの、具体的にはどのように行われるのかは知らないという人は少なくありません。
自然葬を選ぶのであれば、まずはどんな葬儀や埋葬が行われるのかも詳しく知っておくことがおすすめです。
これはその名前の通り、自然がある場所である山林や海に遺灰を撒くという新しい葬儀のスタイルです。
遺骨は骨壺に納められた状態では長くそのままの形で残ることとなりますが、自然の中に巻くことで、自然と溶け込んでいくことができます。
代表的な方法では、海に遺灰を撒く海洋散骨があげられますし、山林を利用する場合は墓石のかわりに墓標となる樹木を植える樹木葬も人気が高まっています。
この他にも様々なスタイルがありますが、一般的な埋葬に比べてあまり費用が掛からない、お墓の後継者の心配をしなくて良いなど多くのメリットがあります。